未経験からのプログラマ求人レポート

未経験者には通信教育もオススメ

通信教育を利用する

通信教育を利用する プログラマになりたいと思っている人は、勉強する際に通信教育を利用しながら勉強するという方法をとることもできます。通信教育の場合は、学校に通う場合よりも安い費用で時間に縛られずに勉強を進めていくことができるというメリットがあります。また、学校が近くにない人でも、通信できる環境がある場所であればどこでも勉強できるので、近くに学校がなくて通えない人にもオススメです。この通信教育ですが、実際に教育に役立てている大学があるということです。通信講座で学ぶメリットと大学での教育について見ていきます。

通信教育を利用するメリット

通信講座は様々な資格勉強で使われていますが、プログラマを目指す人も勉強に用いることができます。通信講座を選んで勉強をするということは、少ない費用で勉強できるというメリットがあります。通信講座で使うテキストは、実際に学校に通って勉強する人が使うテキストとあまり差がありません。また、講師もしっかりと揃っているので、少ない費用で学校に通うのと同じレベルの勉強をすることができるのです。
次に、通信講座は学校へ通う必要がなくなるので、通学の時間を節約することができるというメリットもあります。通学すると交通費もかかりますし、公共交通機関の時間に縛られるということになります。仕事をしながら通うということになると、どうしても時間が合わずに無駄な時間を過ごすことにも繋がりかねません。そのような無駄を省くことができるのも通信教育ならではのメリットです。また、最近の通信講座はWebや電話で分からない所を質問できるサービスも充実しているので、学校へ行かなくても疑問点をなくすことができます。

通信講座でも十分に勉強できる

多くのメリットがある通信教育ですが、北海道情報大学では24時間いつでも受講できる「インターネットメディア授業」を行っています。これは、学校へ行かなくても自宅で勉強することにより、しっかりとプログラミングを学びながら単位も取得できるという内容になっています。「無限大キャンパス」と名付けられたこの通信教育は、各学生のライフスタイルに合わせて勉強ができ、在宅で試験を受けることができるなどの全部で7つの特徴を揃えています。自宅のパソコンにプログラム開発環境をインストールせずに勉強することができるため、履修登録をするだけでどの学生でも利用できるようになっていて便利です。この勉強法は北海道情報大学の学生でなければ利用できませんが、通信講座でもしっかりとプログラミングを勉強できるということが伝わってきます。もしこのような環境でプログラミングを学びたいと思っている人がいれば、大学に通って勉強するという方法を一度考えてみるのも良さそうです。

実際の講義と一味違うのは、24時間いつでも、どこでも学習ができることです。
さらにきめ細やかな対応で24時間、365日学習をサポートします。

引用:【北海道情報大学】

プログラマを目指す人におすすめの記事