未経験からのプログラマ求人レポート

未経験ならJavascriptからはじめよう

まずはJavascriptから

まずはJavascriptから プログラマになろうと勉強を始めたら、まずはJavascriptから勉強を始めることをオススメします。数あるプログラミング言語の中でも、JavascriptはWebブラウザとメモ帳があるだけでできて簡単だという特徴があります。初心者でも本格的なプログラミングをすることができるということからも、まずはJavascriptから始めるようにしましょう。ここでは、Javascriptとは何かを解説し、どのような場面で使われているのかを紹介します。

初心者にオススメのJavascriptとは?

Javascriptは、プログラミング未経験の人でも名前くらいは知っているというプログラミング言語ではないでしょうか。Javascriptは、その登場によってWebコンテンツに新しく動きを加えることができるようになったというプログラミング言語です。今ではWebコンテンツに動きがあることが当たり前のようになっていますが、Javascript登場以前は、文章や画像といった動きのないWebコンテンツのみしか扱うことができませんでした。そのため、この言語が登場したことによって、Webブラウザは多様なWebコンテンツを扱うことができるようになったのです。これに加えて、JavascriptはWebブラウザに表示されているコンテンツの更新にも影響を与えました。Javascriptを使用することで、ページ全体のリロードなしでコンテンツの更新ができるようになり、コンテンツの一部のみを変更することも可能になりました。このように、表現力を豊かにすることにも貢献したのがJavascriptだということなのです。

Javascriptの活用例

ここまでJavascriptについて解説してきましたが、次はJavascriptが実際にどのような場所で使われているのかを見ていきます。JavascriptはWebブラウザとメモ帳があれば誰でも利用できるということで、初心者にも使いやすくなっています。初心者に優しく、更には本格的なプログラミングができるということから、この言語はアプリケーションの組み込みスクリプトなどといった場面において採用されています。実際に採用されているものとしては、「ActionScript」「HTA(HTML Application)」などが挙げられます。「ActionScript」は、Javascriptを拡張して作られたもので、アドビ システムズのFlashなどに使われているスクリプティング言語です。次の「HTA」は、使うことで簡易なデスクトップアプリケーションを作ることができるようになっています。他にも様々な場面で利用されているということで、Javascriptを勉強することは非常に重要だと考えられます。