未経験からのプログラマ求人レポート

未経験者からどんな求人にも応募できるプログラマになる

更にステップアップするならJava

更にステップアップするならJava プログラマを目指して勉強している人の中には、更にステップアップしていきたいと思っている人もいると思います。もしスキルを高めたいと思っているのであれば、Javaというプログラミング言語に挑戦してみるのが良さそうです。Javaは、かなり多くのプログラムを作ることに長けているプログラミング言語のため、色々なプログラムを作るのに挑戦したいという人には最適だと考えられます。ここでは、Javaとその用途について解説していきます。

他の言語にはない特徴を多く持つ言語

Javaは、数あるプログラミング言語の中でもネットワークを意識した言語となっています。つまり、プラットフォームに依存することなくプログラムを実行することができるという大きな特徴を持つということです。Javaを使うことができれば、WindowsやMacintoshやネットワーク端末などのJavaをサポートしている機器があれば、その全てにおいて同じプログラムを実行することができます。他の言語ではこのようなことができないため、Javaは非常に優れた言語であると言えます。Javaが優れていると言われる理由は、プラットフォームへの依存がないこと以外にも沢山あります。例えば、セキュリティ機能を持っていることや、文法的なバグを作りにくいといった信頼性の高さが挙げられます。Javaが登場する以前から存在していた多くの言語の良い所を備え、悪い所をなくしたというポイントの高さが、Javaが持つ最大の特徴なのです。

生活に欠かせないものの多くに用いられている

Javaは、WebアプリケーションやAndroidアプリ、携帯向けアプリなどの様々な用途で使用することができるプロジェクト言語です。まず、Webアプリケーションですが、これは現在Javaで作られているプログラムの中で最も多いものと考えられます。Webアプリケーションと聞いてもあまりピンとこないかもしれませんが、一言で言えばサーバと呼ばれているものの上で動くプログラムとなります。Webアプリケーションは非常に身近に存在しており、例えば、GoogleやYahoo!などの検索システムや、SNS、ブログやネットショッピングができるサイトなどが挙げられます。つまり、普段生活をする上で使っている多くのサービスがこれに当たるというわけです。
次に、Androidアプリは、近年普及しているAndroidのスマートフォンで使えるアプリケーションのことです。そして、携帯向けアプリは、いわゆるガラケーと呼ばれるスマートフォンではない携帯電話向けのアプリケーションを指します。このように、普段の生活に欠かせないものの多くをJavaで作ることができるということで、Javaがどれだけ重要なものかをうかがい知ることができます。Javaについて更に詳しいことは、「JavaDrive」というサイトで学ぶことができます。

Javaアプリケーションを開発する上で必要となるJava SE Development Kit (JDK) のダウンロード及びインストールを行う方法を解説します。

引用:【JavaDrive】

プログラマを目指す人におすすめの記事