未経験からのプログラマ求人レポート

効率的に求人情報を探し、未経験からプログラマへ

未経験プログラマの求人を探すには

未経験プログラマの求人を探すには

最近では未経験からでもプログラマとして採用する企業が増えてきました。技術的なスキルよりもコミュニケーション能力や社会人としての常識などを重視し、プログラミング能力は採用後に教育すれば良いという考え方が増えてきたためと考えられます。未経験者であれば職務経歴などに専門的な内容を書くことができません。しかし、ちょっとしたコツをおさえることで採用されやすいものにできます。また、未経験者でも手厚くサポートしてくれるエージェントを活用すれば効率的に転職が可能になります。

賢く探すならエージェントを

今の仕事を辞めて、未経験からプログラマの求人を探すのであれば、転職エージェントを使うことをオススメします。転職エージェントは、登録することで専門のコンサルタントに転職活動を支援してもらうことができるサービスです。非公開求人を紹介してもらうこともできますし、転職に必要なレジュメの作成方法や面接のアドバイスなども貰うことができます。自分一人で求人を探すのは時間がかかり大変ですが、転職エージェントを使ってコンサルタントと共に探すことによって、あまり労力をかけずに転職を成功させることができるようになるのです。賢く探すならエージェントをの続きはこちら

逆算で採用を勝ち取る面接対策

未経験でプログラマになりたいと思っている人は、履歴書などをしっかりと書くことと共に、面接で採用されるための対策を取ることも必要です。面接では、より良い印象を与えることが必要になりますが、印象が良いからと言って必ず採用されるということにはなりません。採用されるためには、良い印象を与えながら、「この人と一緒に仕事がしたい」と思わせることが大切なのです。このように思わせるためには、面接の基本であるハキハキ喋ることや清潔感も必要ですが、業界で求められていることを踏まえてそれに合った回答をすることも必要です。また、未経験だからこそ伝えられることもあるので、それらを活かして面接対策をしましょう。逆算で採用を勝ち取る面接対策の続きはこちら

職務経歴書のコツは印象付け

プログラマになりたいのであれば、専門知識を身に付けるだけでなくより良い履歴書がかけるような技術も身に付ける必要があります。どのような求人に応募する場合でも履歴書は必要ですが、IT業界に就職する際には、普通の履歴書と同じ書き方をしても成功するとは限りません。未経験者であれば、今までの経験から少し背伸びをした書き方をすることでアピールに繋げることができますし、自分の職務経験や資質をアピールすることも忘れないようにします。自分はITに特化しているのだということを印象付けることで、就職を成功に導くことができます。職務経歴書のコツは印象付けの続きはこちら

プログラマを目指す人におすすめの記事