未経験からのプログラマ求人レポート

未経験からプログラマを目指すために必要なこと

プログラマになるには

プログラマになるには

一昔前であれば、大学でプログラムを学んだ人や趣味でプログラムを行うオタクのような人がプログラマになるものでしたが、スマホやパソコンが普及した現代ではプログラムが身近な存在となり、全く知識が無い未経験者でもプログラマを目指す人が増えてきました。プログラマになるためにはどんな勉強法があるのか。プログラマに向いている人はどんな人か。プログラマになりたいと考えている人へ最初の一歩について解説していきます。

プログラマに向いてる人とは?

プログラマは未経験者でも目指すことができる職業ですが、目指す前に向き不向きがあることを知っておかなければなりません。実際にプログラマになれたとしても、標準的なプログラマであれば誰でもなることができます。しかし、それ以上のプログラマになるためには、どうしても向き不向きの問題が出てきてしまうのです。プログラマに向いている人は、抽象的な物を抽象的なまま考えることができて、実験結果を論理的に考えることができる論理的思考の持ち主と考えられます。加えて、プログラミングが楽しいと思える人の方が、プログラマという職業に非常に向いているのです。プログラマに向いてる人とは?の続きはこちら

通信教育を利用する

プログラマになるためのプログラミングの勉強は、通信教育で行うことも可能となっています。通信教育であれば自宅にいながら好きなときに勉強することができ、学校に通うよりも費用を安く済ませることができます。このようなメリットがあることからも、プログラミングの勉強に通信教育を考える人は増加しているのです。この通信教育は、実際に大学でも活用されている有効な勉強方法です。北海道情報大学では、プログラミングの勉強を家でしながら単位を取ることができる「無限大キャンパス」を行っています。履修登録をするだけでどの学生でも利用できるので、かなり良い取り組みだと考えられます。通信教育を利用するの続きはこちら

独学で学ぶ

プログラマを目指す人の中には、独学で勉強を進めていこうと考えている人もいると思います。独学の場合には、書籍やサイトを活用しながら高いモチベーションを維持して勉強をする必要があります。書籍やサイトは最初から集めて利用してしまうのではなく、自分の学習状況に合わせたものを選択して活用することが大切です。独学で勉強する人の中には、本を買っただけで満足してしまう人や、本に書いてあるコードを写すだけで満足してしまう人がいます。しかし、プログラマを目指すのであれば、そこで満足してはいけません。プログラマに必要な実践力をつけるためのコツなども紹介します。独学で学ぶの続きはこちら

学校に通う

プログラミングは独学でも勉強することができますが、全く内容が分かっていない人であれば、最初の方で躓くことがないように学校へ行くことをオススメします。専門学校では、プロのクリエーターなどが講師として教えてくれることが多くなっています。つまり、生の現場の声を聞きながら勉強をすることができるということです。プロを始めとする多くの先生の話を聞くこともできるため、IT業界で働く上で必要なセンスを磨くこともできます。更には、インターンシップの制度や就職サポートも充実しているため、自分に合った求人を探して就職することもできるというメリットもあります。学校に通うの続きはこちら

プログラマを目指す人におすすめの記事